★4 スイーツ 銘菓

福助 甘さをひかえた水無月 黒糖入り 食べてみました。

京都の旬菓子がスーパーで売ってたので購入してみました。

福助 甘さをひかえた水無月 黒糖入り

福助 甘さをひかえた水無月 黒糖入り

 

6月30日はみなづきの日  京都では、古くから一年ちょうど半分のこの日半年間の罪やけがれを払い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越の祓」がおこなわれます。朝廷では氷菓子が用意されましたが、庶民は悪魔払いの意味を持つ小豆と氷菓子に見立てた葛粉で作った「水無月」を食べました。三角の形暑気をはらう氷をあらわしています。

 

ういろう系が好きなので購入してみました。

福助は高槻の会社とのこと。

中味はこんな感じでございます。

福助 甘さをひかえた水無月 黒糖入り 食べてみた感想

黒糖の旨味が効いたういろうという感じですね。甘さは控えめなのも好みの味わい。

あんこが、アクセントになってて美味しくいただきました。

 

ごちそうさまでした。是非一度お試しくださいませ。

★4 甘さ4 食感4 リピート4

-★4, スイーツ, 銘菓

© 2020 美味しい食べ物をひたすら探求するブログ Powered by AFFINGER5